猫に生魚を与えるのは危険?

 

猫と言えば”お魚くわえたどら猫追いかけて~♪”と『サザエさん』の歌詞にもある通り大の魚好きのイメージがありますよね。事実、猫型ロボットであるドラえもんがどら焼きが大好物なのを除いて、ほとんどの猫ちゃんがお魚大好きだと思います。しかし、生のお魚は与えてはいけないってご存知でしたか?

猫に生魚を与えてはいけない理由

ビタミンB1が不足してしまう

生魚の中にはチアミナーゼという酵素が含まれているのですが、この酵素がチアミンというビタミンB1を破壊してしまいます。ひどい場合には”チアミン欠乏症”を引き起こします。食欲の低下や立っていられなくなるなどの運動障害の原因となります。

黄色脂肪症になる

生魚には”不飽和脂肪酸”が含まれています。この”不飽和脂肪酸”の過剰摂取は黄色脂肪症の原因になります。聞きなれない言葉ですが、”黄色脂肪症”とは皮下脂肪が酸化して炎症を起こすことです。この病気にかかると猫の脂肪が黄色く変色することから”イエローファット”とも呼ばれます。胸部や腹部の皮下脂肪が炎症を起こし、しこりができてしまいます。

生魚に潜む寄生虫が危険

まれに生魚には寄生虫がいることがあります。主に内臓に潜んでおり、鮮度が落ちてくると身の方に進出してきます。販売されている切り身のお刺身にいることは珍しいことですが、もし寄生虫の被害にあうと胃に食いつかれひどい痛みを伴う症状を引き起こしてしまいます。特にサバやイカには”アニサキス”という寄生虫が多いです。詳しくは猫に与えてはいけない食べ物を読んでみて下さい。

骨が危険

人間でもお魚を食べていて喉に骨が刺さってしまうことありますよね。猫にお魚を丸々一匹あげてしまった場合にも同じことが言えます。猫ちゃんは体も小さい分、口や食堂も小さいので刺さりやすいと言えます。また、あまり噛まずに飲み込んでしまうので危険です。お刺身なら骨がついていることはまずありませんが、生のお魚をそのまま与えるのは非常にリスキーです。

猫=魚好きは日本だけのイメージ

実は欧米では猫用の缶詰にお魚味なんて売っていないそうです。お肉の味ばかりです。しかし、日本生まれ日本育ちの猫ちゃんですから、キャットフードもお魚味が多いですし、お刺身好きな猫ちゃんもいるかと思います。今まであげていたものを急にやめてしまうのはかわいそうですよね。そういう猫ちゃんにもきちんと対策がありますよ。

少量をたまに与える

生魚は与えすぎると消化不良の原因になったり、栄養のバランスが悪くなります。毎日与えるのではなく、たまーにご褒美感覚で与えましょう。

青魚は避ける

アジ、サバ、マグロ、カツオなどの青魚には黄色脂肪症になる”不飽和脂肪酸”が多く含まれています。毎日与えると健康に問題が出てきますので、与えるなら白身のお魚にしましょう。

サプリメントを与える

上記にもあるように、生魚にはビタミンB1を破壊するチアミナーゼという酵素が含まれています。ちなみに、このチアミナーゼは鮮度が低くなればなるほど増えます。また、ビタミンEが不足すると黄色脂肪症になり易くなりますので、ビタミンB1やビタミンEをサプリメントで与え栄養のバランスを整えるのがいいでしょう。

寄生虫が心配なら冷凍・加熱・目視

魚によく寄生しているアニサキスは-20度以上で24時間以上冷凍するか、仲間でしっかり加熱すると死滅します。しかしながら、家庭用の冷凍庫では-20度なんてありませんよね。そして、加熱してしまうと、生魚好きな猫ちゃんなら食べなくなるかもしれません。どうしても生魚を与えたいなら、目視して細かく切ったものを与えるのが安全でしょう。目視したり細かく切ることで骨も見つけることができ一石二鳥ですよ。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です