2016/02/11

空前の猫ブーム”ネコノミクス”をご存知ですか?

 

最近何かとテレビで猫ちゃんの特集が組まれていると思いませんか?実は今空前の猫ブームがやってきているのです。

ネコノミクスとは?

そもそもネコノミクス和歌山の猫の駅長”たま”

和歌山電鉄貴志川線貴志駅の”たま駅長”のことはニュースやテレビ番組でご覧になったかたも多いのではないでしょうか?悲しいことに初代たま駅長は2015年6月にお星さまになってしまいましたが、今は”にたま駅長”が後継者として勤務しています。実はこの和歌山電鉄貴志川線は、たま駅長が就任する前まで利用客の減少で廃線の危機にありました。しかし、たまに駅長としての辞令が下されると、たちまち全国的に有名になり国内のみならず海外からも彼女に会いに来る人が増え、お客さんを招くという仕事を完璧にやってのけた。なんと平成18年度は211万4千人だった和歌山電鉄貴志川線の利用者数は26年度には227万9千人にまで増加しました。
337762_615
引用元:news.walkerplus.com/

猫に会いに行くツアーが組まれる

なんと猫ちゃんに会いに行くのが目的のツアーまであります。大手旅行会社の”JTB中国四国”は県の委託を受けて猫好きの間では有名?な猫に会える街、尾道で”尾道 ネコノ待っている路地めぐり・ぐるめぐりツアー”を開催しており、猫が出没するスポットを巡ったりするのだが、毎回定員を超える申し込みがある程人気です。尾道市内でも、このネコノミクス効果にあやかろうと猫にちなんだ商品を取り扱うお店が増えており、旅行会社のみにとどまらず、行政までもが「猫の手を借りたい」と経済効果を期待しています。

テレビやコマーシャルにも引っ張りだこ

ワイモバイル、じゃらん、ヤマト運輸などの大手企業もこぞってコマーシャルに猫を起用しています。その内、ソフトバンクのコマーシャルにも猫が起用される日も近い?!コマーシャルだけでなくドラマでも猫ちゃんが話題になっています。フジテレビで放送されていた”オトナ女子”に出演していた”ちくわ“という猫ちゃんがぶさかわいいと話題になりました。エキゾチックショートヘアーという鼻がぺちゃんこの味のあるルックスをしています。犬が大好きな私の姉も「ちくわって知ってる?めっちゃかわいいから見てみて!」と連絡してきたくらい、視聴者の心を掴んだのだと思います。人気過ぎて写真集も発売するそうです。

書店には猫の写真集コーナーが作られる人気ぶり

書店に行くとたくさんの猫のみが被写体になった写真集が並んでいます。動物写真家・岩合光昭さんの写真集『ねこ』や『ねこ歩き』、『岩合光昭の世界ネコ歩き』は3冊の累計が20万部に迫る勢いだそうです。岩合さんの他の動物の写真集に比べて猫が被写体となった写真集は10倍近い売り上げを誇るんだとか。岩合さんの写真展も全国各地で開かれており、いずれもたくさんの猫好きが訪れています。
cat_jump_01
引用元:www.fashion-press.net/

スマートフォンアプリ”ねこあつめ”が大ヒット!

こちらは猫好きさんの間で大ヒットしているゲームアプリです。なんとそのダウンロード数は550万を超えた。日本語版だけの開発にも関わらず、ダウンロードの3~4割が海外からというから驚きです。米CNNでも取り上げられウエブ版にはテレビ放送された「ねこあつめ」の特集動画と、それに関する記事がアップされるという絶賛ぶり。簡単な操作で楽しめるので言語関係なく世界中の猫好きが癒されているんでしょうね。
ss_main
引用元:ねこあつめ公式サイト

経済効果は年間2兆超え

上記のように今は空前の猫ブームでネコノミクスの経済効果について大学教授が試算したところ、その経済効果は年間2億3千億円を上回るのだとか。ちなみにオリンピック・パラリンピックの経済効果は年間3兆円で猫の経済効果を上回っていますが、なんとAKB48は年間565億円の経済効果で約4倍もの差をつけています。猫ちゃんの経済効果は恐るべしですね。

飼育数でも犬を上回る勢い

犬と猫どちらの飼育数が多いと思いますか?私は絶対的に犬が多いと思っていました。しかし、それは昔の話で最近では事情が変わってきているのです。

猫の飼育数が犬を上回る日も近い?!

ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)が1月29日、平成26年の全国犬猫飼育実態調査の結果を発表しました。推計飼育数は犬が前年比4・1%減の991万7千匹、猫が同0・9%減の987万4千匹。犬の飼育数は前年より40万匹以上減少しているんだそうな。しかし、猫の飼数は横ばいの傾向が続いているとのこと。今後、高齢化や1人暮らし世帯の増加により、犬に比べて散歩などの世話の負担が少ない猫の飼育数は犬を逆転するとみられ、猫の飼育数はもっと増加すると見込まれています。しかし、そうなってくると心配なのがまた猫の殺処分が増えるんじゃないかということです。現在は犬の飼育数の方が多いのに、年間の殺処分されてしまう数は猫が上回っている。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です