暑い日が続くが猫の元気がない。猫の夏バテ⁽熱中症⁾の対策と予防

 

暑い日が続き、連日熱中症で大勢の人が搬送されるニュースを耳にします。さて、猫にとっては“1年のうち3日しか暑い日が無い”と耳にしますが、私たちのように熱中症になることは無いのでしょうか。

実は猫も熱中症にかかります

実は猫も夏バテや熱中症にかかってしまいます。むしろ寒さより暑さや湿気が苦手なので、高温多湿の日本に住む猫は夏バテや熱中症にかかりやすいと言えます。まだまだ暑い日が続きますので、長い時間お留守番してくれている猫は特に注意してあげましょう。

こんな症状が出ていたら要注意!

猫ちゃんは自分で体温調節ができません。そのため暑い日は涼しい場所を探して寝転がったり、グルーミングすることで体を冷やして体温調節を行います。いつもより頻繁にグルーミングをしているのなら部屋が暑いのかもしれません。
また、ぐったりして食欲不振になったり、脱水症状を起こしオシッコの量が少なかったりと私達の熱中症に似た症状もみられます。もし息づかいがハーハー荒く、口からヨダレを出し体温も高いようならとても危険な状態です。

夏バテ⁽熱中症⁾を起こさないために対策・予防が重要

夏バテや熱中症を起こし獣医さんに連れて行くのはもちろん大切ですが、何よりも夏バテや熱中症を起こさないため、対策・予防をすることが大切です。簡単にできるのでぜひ実践してみましょう♪

室温を再確認!

猫は自分で体温を調節できないので、部屋の温度には注意してあげましょう!クーラーを付けてあげるのがベストです。猫の健康のためには出費を惜しまないのが1番です。ちなみに猫にとっての快適設定温度は28度くらいです。クーラーを付けっ放しにするのは『ちょっとなー』という人は部屋の風通しを良くしてあげて下さい。特に長時間お留守番をさせる時は換気扇を回したり、窓を開けるなどして風が抜けるようにしましょう。部屋を自由に行き来できる猫でしたら、うろちょろして居心地のいい場所を探します。私の家の猫は出かける時ゲージに入れているのですが、日が当たらない場所に置き、クーラーをお昼間の暑い時間だけかかるよう設定して出かけています。また、日当たりが良い窓は遮光カーテンを閉めて、室温が急に上がらないようにしています。夏に旅行に行く時は、ペットホテルや信頼できる人に預かってもらうのが安全です。

水分補給に注意!

猫はあまり水を飲まない動物と言われています。しかし、夏場は水分補給が大切です。水飲み場を数か所部屋に用意したり、小まめに新しい水と取り換えてあげましょう。猫によって水の温度の好みがあるらしく、ぬるいのが好きなこ、冷たいのが好きなこと様々です。水の温度の好みを知っていれば、いつもよりたくさん水を飲んでくれるかも知れませんよ♪餌に缶詰をプラスしたり、ウェットタイプのものにすることで食事からも水分を摂れるので工夫してみましょう。

食欲はありますか?

ごはんを食べると体温が上がるので、夏バテぎみの猫は体温を上げないためにごはんを食べなくなる傾向があります。暑い日が続き、ごはんの減りが悪いなーと感じたら、いつものごはんに缶詰や鰹節などプラスして食欲を刺激しましょう。

どうやら夏バテ⁽熱中症⁾を起こしてしまった

近頃元気が無いなーと思い上記のような対策や予防ををしたけど良くならない時は、どうするのが良いのでしょうか?

こんな症状は要注意!

対策や予防をしていたのに、一向に改善せずどんどん元気がなくなっているならすぐに獣医さんに連れて行きましょう。特に下記の症状が出ている時は危険な状態です。
下痢・嘔吐が続く
ヨダレがいっぱい垂れている
呼吸が荒い
体温が高い
不安そうに鳴く
こんな時はとても危険な状態ですので、すぐに獣医さんに連れて行きましょう。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です