猫が糸を飲んでしまった時の対処法

 

猫は吐くことが多い動物ですが、苦しそうに何回もおう吐を繰り返す場合、異物を誤飲している可能性があります。特に糸状のものを誤飲してしまうと、命にかかわる重要な事態に陥ります。ここではそういった時の対処法を紹介します。

糸状のものを誤飲してしまうとなぜ危険なのか

猫が糸状のものを誤飲してしまった場合、自然排便されることは難しいです。なぜなら誤飲された糸などは毛玉のように胃や腸で丸まらず、腸に絡まってしまうからです。腸に糸が絡まると腸が壊死してしまうこともあります。こうなると、最悪の場合には死に至ります。
また、喉に糸が引っかかってるのが見えたり、肛門から糸がピッと出ていても無理に自分で引っ張ることは絶対にしないで下さい。消化器官を傷つける可能性があります。

誤飲は脱水症状を招きます

猫は吐くことがとても多い動物なので、体内に違和感を感じると吐いて出そうとします。しかし、何度もおう吐を繰り返すと脱水症状になってしまいます。また、無理に吐こうとすることでストレスも感じてしまいます。

誤飲の可能性に気づいたら動物病院の獣医さんの診療を受けましょう

苦しそうにしているのがわかったらなるべく早く動物病院で診療を受けて下さい。稀に何度もおう吐を繰り返すうちに糸が出たり、排便と一緒に糸が出てくることがあります。しかし、まだ体内に残っているかも知れないので、安心せずに必ず獣医さんに診てもらって下さい。

動物病院での処置

体の中の様子を見るため、エコーやレントゲンを撮ってもらいます。これで糸らしきものが見えた場合は開腹手術をすることになります。糸が体内でどうなっているかまではエコーやレントゲンでは分からないので、開腹してどこに異常があるのかを確かめてもらいます。お腹を切って手術をするのは、猫ちゃんにかわいそうに思いますが、元気を取り戻してもらう為、獣医さんの指示に従いましょう。あまり難しい手術では無いので、きっと元気を取り戻してくれますよ。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です