アロマオイルをたくと猫の命に関わる

 

私たち人間はアロマオイルをたくことで、リラックス効果を得ることができます。最近ではダイエットに聞くにおいややる気が出るにおいなど用途別のアロマオイルも販売されておりますます人気を集めています。しかしそんなアロマオイルが猫にとっては命に関わるほど有害なのです。。!

どうしてアロマオイルは猫に有害なのか

それはアロマオイルに使われている精油が原因です。

精油とは?

アロマオイルに使用されている精油とは、特定の植物から抽出される成分のことです。不純物などが混ざっておらず純度100%のものを精油と呼び、エッセンシャルオイルとも呼ばれます。植物の成分を極度に濃縮して作るため、例えば1mlの精油を作るには100倍~1000倍の質量の植物が必要と言われています。簡単に言うと100%植物天然成分のとーっても濃厚なオイルということです。

なぜ猫に精油が危険なのか

それは猫の肝機能の性質にあります。私たち人間は肝臓の働きで有害な物質を無害な物質に変化させることができますが、猫の肝臓は精油の一部の成分を解毒することができません。解毒できない原因として猫の肝臓には“グルクロン酸”という精油の成分と結合し、体外へ運び出すための物質がないことが分かっています。その為、肝臓に蓄積されていくことで中毒症状を起こしてしまいます。もちろんアロマオイルを舐めてしまうこともとても危険です。

なぜ猫の肝臓には“グルクロン酸”が無いのか

なぜなら、猫が完全肉食動物だからです。完全肉食動物は植物をあまり摂食しないので、肉食に合った肝機能となり、“グルクロン酸”など植物由来のものを解毒する物質は退化してしまったと考えられます。

でも猫が自分から草や葉野菜を食べるのだけど。。

猫が自分から植物や野菜を少量食べる分には問題ありません。なんといっても精油は100%植物天然成分のとーっても濃厚なオイルなので、アロマポットに一滴落とすだけでその百倍以上の植物由来成分を摂取することになってしまうのです。

猫ちゃんの為にもアロマオイルをたくの避けましょう

人間にはヒーリング効果があるとしても、猫ちゃんには有害な物質です。少しでも長く一緒に暮らすためにも、控えてあげるのが良いと思います。

アロマ効果のあるシャンプーにも気を付けよう!

アロマオイルをたくことだけでなく、アロマオイル配合のシャンプーも避けましょう。一時期はやったノミやダニが嫌がるティートゥリーのシャンプーもずっと使い続けると、体内に猫にとって有害な物質が蓄積されることが分かっています。

最後に

天然由来の成分=安全ではなく、肉食動物の猫ちゃんにとって植物由来の成分なら有害なものという認識を持っておきましょう。もちろん有害物質が少ない精油もあることはあるのですが、猫ちゃんがいるご家庭でアロマオイルをたくことはあまりお勧めできません。どうしてもアロマの香りを楽しみたい時には、マグカップにお湯を入れオイルを垂らすなど控えめに楽しみましょう!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です